OneNote活用術

OneNoteで手書き日記帳をつけてはいかが?

手書きならではの日記帳

日記というと、昔は毎年1回、本屋さんで手書き式の紙の日記帳を買い求め、1年の初めに、1年の抱負をペンでしっかりと書き記し、決意を新たにしたものです。

それが、いまでは日記をアプリで書く人が増えました。それとともに、自分の手書き独特の筆感が忘れられてしまったような気がします。あのなつかしい筆感で日記アプリが書ければいいと思うのは私だけでしょうか?

日記アプリといえば、MacとiOS限定ではありますが、Day Oneという日記アプリが有名ですね。私もMacやiPadで愛用してきました。とにかく使いやすいのが気に入っています。

けれども、Day Oneにはいくつかの欠点があります。第一に、タッチペンに対応していないということです。つまり、手書きできないのです。これは、タッチペンが普及してきた今日、致命的ともいえる欠陥になっています。

第二は、PDFや音声ファイルを読み込めないということです。これも、マルチメディア化が進んでいる現在、かなり不便を感じる点です。

万能の日記アプリとしてのOneNote

そこで、これらの欠陥を克服するアプリとして登場したのが、OneNoteです。まず指摘しておきたいのは、日記アプリの必須アイテムとして、新規ページを開くと、自動的に当日の日時が表示されるということです。手書き対応のノートアプリは数多くありますが、この自動日付入力の機能を備えたアプリというのは、Day Oneを除くと、OneNoteくらいしか見当たりません。これも不思議なところです。

次に、すでに他の記事でも再三指摘した通り、OneNoteには、タッチペンによる手書き機能があります。とくに、日記の場合、手書きで入力すると、なつかしい昔の日記感覚で文章を綴ることができます。漢字を忘れないというメリットもあります。

OneNoteを日記帳にするときは、「ノートブック」を「年」、「セクション」を「月」、「ページ」を日にすると、ちょうどいい構成になります。ちょっとわずらわしいのは、ページごとに「日」を手入力しなければならないことです。ページを新規作成すると、確かに作成日時が大きく表示されるのですが、「タブ」は空白のままなので、日(曜日)をいちいち記入してタブを作成するのが少々煩わしいところです。まあ、しかし汎用のノートアプリなので、これは仕方がないところでしょう。日記専用アプリのDay Oneにはかなわない点といえるでしょう。

手書き日記の実例

長期連載:デジタル・ツールで海外旅行をフルに楽しむ法(旅行前篇)

1

最近ではネットのおかげで、自分で企画を立て、航空券やホテルの予約もオンラインのサイトで行い、お安く海外旅行を楽しむことができるようになりました。現地での小旅行やイベント参加も、かつてはパック旅行のオプションを選択するしかなかったのですが、今ではやはりネットで提供されている現地の添乗員同行ツアーを自分で申し込むことができますし、劇場のチケットなども、座席指定でオンライン予約することができます。ただ、こうした一連の準備作業は必ずしも簡単ではありませんし、きちんとしたドキュメントで整理、保存するのは容易ではありません。このブログでは、この「海外旅行プランをしっかりと管理するための情報収集、整理法」を、できるだけ詳しく、かつ分かりやすく紹介したいと思います。

2

OneNoteのいいところは、さまざまなテーマでノートブックをつくり、「セクション」「ページ」「サブページ」という階層構造で情報を収集、整理、保存できることにあります。実際に「2020年パリ旅行」のOneNoteノートブックを作成していきましょう。最初に、このノートブックで収録すべき大項目を「セクションの追加」で作成しておきます。

3

Evernoteの魅力は、Webページの内容を、もとのサイトそのままにコピーできることにあります。OneNoteのように、ページ全体をクリップすると画像ファイルに変換してしまうという問題もありません。「パリ観光」という大きなタグの下に観光に関連したタグを並べ、それぞれと関連の深い、参考になるWebページを精選して取り込めば、書籍よりも新鮮で実用性の高い「Evernote版パリ観光ガイドブック」が出来上がるでしょう。

4

WebページをEvernoteに取り込んで、自分だけの海外旅行ガイドブックを作るのは楽しいですが、クリッピングの作業が面倒な上、もとのWebページが更新されても、それを反映させることができません。そこでWebページを効率的にに収集し、容易にアクセスするためのツールとして、ブラウザのブックマークを編集して使う方法がおすすめです。

5

Googleマップは、海外旅行をする人がいちばんお世話になるスマホアプリの一つですから、その使い方を知らない人はあまりいないと思います。けれども、Googleマップの重要な機能の一つである「マイマップ」を海外旅行のツールとしてフルに使いこなしている人は少ないのではないでしょうか?ここでは、「マイマップ」が海外旅行プランの作成においていかに役立つツールかを、わかりやすく、かつ詳しくご紹介したいと思います。実際にパリを事例として作成した旅行用マイマップもお見せします。

6

ノートブックアプリOneNoteに、自分にとって必要なパリの情報だけを編集して「パリ・ガイドブック」というノートブックあるいはセクションを作って持っていけば、旅行中に大いに役立つのではないでしょうか。Kindle、honto、Koboなどの電子書籍は、好きな箇所だけをコピーして、OneNoteの好きな部分に「貼り付ける」ことが簡単にできますから、自分流「パリ観光ガイドブック」をOneNote上に簡単に作ることができます。

7

本記事では、YouTubeの「再生リスト」機能を最大限に活用して、海外旅行の観光に関する好きな動画を、テーマ別に「再生リスト」として登録し、これをオフラインのOneNote、マイマップ、ブラウザのブックマークに階層メニュー方式で取り込む方法を、YouTube登録の段階から順を追って、わかりやすく紹介したいと思います。完成までしばらくお待ち下さい。

8

海外旅行に役立つ最新ニュースや最新の現地情報は、登録したTwitterのタイムライン上に流れていますが、IFTTTというアプリを使えば、「お気に入り」(いいね!)に登録したTweetだけを、OneNoteのページに自動的に保存することができます。

9

かつては、海外旅行のガイドというと、紙のガイドブックと地図を片手に歩きまわったものですが、今や多くの観光客はスマホやタブレットを片手に、アプリに入れた地図や路線図やグルメ・アプリ、美術館ガイドのアプリなどを見ながら、自由自在に観光を楽しむことができるようになっています。この記事では、「パリ観光」を例として、観光旅行を目一杯楽しむために役立つiPhoneやAndroidのスマホ・アプリと、その使い方を紹介したいと思います。

-OneNote活用術

Copyright© dシニアライフ / Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.