IT製品情報 未分類

ポータブルラジオレコーダーを楽しむ

どんな機種がお薦めか?

私は、ラジオの語学講座が好きで、「ラジオ英会話」「まいにちフランス語」などをよく聞いています。ただ、語学の場合は、繰り返し学習が大切なこと、放送時刻に縛られたくないこと、などから、NHK音声ダウンロードチケットを購入して、オンラインで音声をダウンロードしていました。

けれども、このチケットは毎月1講座あたり900円もかかります。私のように4つくらいも受講している場合には、月に3000円以上もかかってしまいます。これは、本当にもったいないことです。もっと節約して、音声をダウンロードする方法はないでしょうか?

というわけで、たどり着いたのは、SONYから発売されているポータブルラジオレコーダーでした。実際、ネットでおすすめの機種を調べてみると、SONYの2機種すべてがベストに選ばれていました。

第1位は、ソニー ポータブルラジオレコーダー 16GB FM/AM/ワイドFM対応 予約録音対応 語学学習機能搭載 2018年モデル ICZ-R260TVです。とても便利だとあります。私も、このモデルを購入しました。というのは、次の第2位の機種は、友人のすすめもあって以前購入したのですが、肝心のNHK第2放送がノイズがひどく、使い物にならなかったからです。



第2位は、ソニー ポータブルラジオICレコーダー 16GB FM/AMラジオ予約録音機能搭載 リニアPCM録音対応 スピーカークレードル付属 ICZ-R110です。こちらのほうが、デザインがおしゃれだし、リニアPCM録音対応なのでよさそうですが、録音したい番組がNHK第2放送な場合には、おやめになったほうがいいと思います。私のように、マンション住まいの場合、第2放送の電波は壁に遮られて、明瞭に録音するのが難しいからです。

ということで、私としては、第1位のレコーダーをお薦めしたいと思います。

[amazonjs asin="B07HBDLPH9" locale="JP" title="ソニー ポータブルラジオレコーダー 16GB FM/AM/ワイドFM対応 予約録音対応 語学学習機能搭載 2018年モデル ICZ-R260TV"]

手軽な予約録音の方法

番組の予約録音は簡単です。「予約」ボタンを押し、「録音予約」をタッチして、日時、曜日、放送種別、録音先メモリーを指定するだけです。最後に「完了」ボタンを押せば予約終了です。録音先のメモリーは、内蔵メモリ16GBと外部メモリーSDカード(32GBまで)を選ぶことができます。合わせて48GBですね。通常の音声であれば、これで十分すぎるほどです。メモリが万一一杯になりそうになったら、消去すればいいだけのことです。

SONY Music Centerへのデータ転送

ラジオレコーダーで録音した番組や音楽は、そのまま本体のスピーカーやイヤホンでも聴くことができます。これにはとくに技術は必要ありませんから説明は省きます。問題は、本体のメモリーに録音した番組をPCやスマホなど外部の機器に転送して聞きたい場合です。その一番簡単な方法は次の通りです。

・付属のUSBケーブルで、レコーダーとPCなどを接続する
・Windows PCにSONY Music Stationのアプリをインストールし、起動する
・画面の左にはPC、右側にはレコーダーのメモリ内容が表示される
・右側のメモリ内容から転送したい番組をチェックし、←ボタンを押す

これで、レコーダーに記録された番組の音声がPCに転送されます。転送される音声はmp3形式のファイルですから、面倒な変換作業はいっさい必要ありません。

高音質で録音する方法

FM放送の音質は、最近では驚くほどよくなっていて、昔はやった「エアチェック」が好きな人にはたまらないでしょう。とくに、今回第1位でおすすめしている機種では、原音に近い高音質で録音することができます。

一方、NHK第2放送の場合は、こうはいきません。付属のアンテナと格闘しながら、電波のいちばんよくとどく位置にアンテナを設置する必要があります。コツとしては、ラジオを少し高いところに置いておき、アンテナのケーブルをまっすぐ下まで垂らして設置するのがいいように思われます。

長期連載:デジタル・ツールで海外旅行をフルに楽しむ法(旅行前篇)

1

最近ではネットのおかげで、自分で企画を立て、航空券やホテルの予約もオンラインのサイトで行い、お安く海外旅行を楽しむことができるようになりました。現地での小旅行やイベント参加も、かつてはパック旅行のオプションを選択するしかなかったのですが、今ではやはりネットで提供されている現地の添乗員同行ツアーを自分で申し込むことができますし、劇場のチケットなども、座席指定でオンライン予約することができます。ただ、こうした一連の準備作業は必ずしも簡単ではありませんし、きちんとしたドキュメントで整理、保存するのは容易ではありません。このブログでは、この「海外旅行プランをしっかりと管理するための情報収集、整理法」を、できるだけ詳しく、かつ分かりやすく紹介したいと思います。

2

OneNoteのいいところは、さまざまなテーマでノートブックをつくり、「セクション」「ページ」「サブページ」という階層構造で情報を収集、整理、保存できることにあります。実際に「2020年パリ旅行」のOneNoteノートブックを作成していきましょう。最初に、このノートブックで収録すべき大項目を「セクションの追加」で作成しておきます。

3

Evernoteの魅力は、Webページの内容を、もとのサイトそのままにコピーできることにあります。OneNoteのように、ページ全体をクリップすると画像ファイルに変換してしまうという問題もありません。「パリ観光」という大きなタグの下に観光に関連したタグを並べ、それぞれと関連の深い、参考になるWebページを精選して取り込めば、書籍よりも新鮮で実用性の高い「Evernote版パリ観光ガイドブック」が出来上がるでしょう。

4

WebページをEvernoteに取り込んで、自分だけの海外旅行ガイドブックを作るのは楽しいですが、クリッピングの作業が面倒な上、もとのWebページが更新されても、それを反映させることができません。そこでWebページを効率的にに収集し、容易にアクセスするためのツールとして、ブラウザのブックマークを編集して使う方法がおすすめです。

5

Googleマップは、海外旅行をする人がいちばんお世話になるスマホアプリの一つですから、その使い方を知らない人はあまりいないと思います。けれども、Googleマップの重要な機能の一つである「マイマップ」を海外旅行のツールとしてフルに使いこなしている人は少ないのではないでしょうか?ここでは、「マイマップ」が海外旅行プランの作成においていかに役立つツールかを、わかりやすく、かつ詳しくご紹介したいと思います。実際にパリを事例として作成した旅行用マイマップもお見せします。

6

ノートブックアプリOneNoteに、自分にとって必要なパリの情報だけを編集して「パリ・ガイドブック」というノートブックあるいはセクションを作って持っていけば、旅行中に大いに役立つのではないでしょうか。Kindle、honto、Koboなどの電子書籍は、好きな箇所だけをコピーして、OneNoteの好きな部分に「貼り付ける」ことが簡単にできますから、自分流「パリ観光ガイドブック」をOneNote上に簡単に作ることができます。

7

本記事では、YouTubeの「再生リスト」機能を最大限に活用して、海外旅行の観光に関する好きな動画を、テーマ別に「再生リスト」として登録し、これをオフラインのOneNote、マイマップ、ブラウザのブックマークに階層メニュー方式で取り込む方法を、YouTube登録の段階から順を追って、わかりやすく紹介したいと思います。完成までしばらくお待ち下さい。

8

海外旅行に役立つ最新ニュースや最新の現地情報は、登録したTwitterのタイムライン上に流れていますが、IFTTTというアプリを使えば、「お気に入り」(いいね!)に登録したTweetだけを、OneNoteのページに自動的に保存することができます。

9

かつては、海外旅行のガイドというと、紙のガイドブックと地図を片手に歩きまわったものですが、今や多くの観光客はスマホやタブレットを片手に、アプリに入れた地図や路線図やグルメ・アプリ、美術館ガイドのアプリなどを見ながら、自由自在に観光を楽しむことができるようになっています。この記事では、「パリ観光」を例として、観光旅行を目一杯楽しむために役立つiPhoneやAndroidのスマホ・アプリと、その使い方を紹介したいと思います。

-IT製品情報, 未分類

Copyright© dシニアライフ / Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.