OneNote活用術

SONYポータブルラジオレコーダーとOneNoteで語学学習の効率アップ!

2020年7月16日

ラジオは語学学習の宝庫

語学学習にとって理想的なメディアは、YouTubeやテレビですが、残念ながら、講師陣の質、番組のコンテンツがいま一つです。その点、毎日放送しているNHK第2放送のラジオは、英語などの語学学習がきわめて充実しています。とくに、英語に至っては、初級から上級まで、すばらしいスタッフが毎日楽しい学習番組を提供してくれるので、毎日聴いていれば、それだけで語学力が大幅にアップします。

ところが、ラジオ学習には致命的な欠点があります。それは、一つ一つの番組を予約するのが難しいということです。もし、テレビのように番組ごとに事前に、あるいは定期的に特定の番組を録音して、本体に保存してくれるラジオがあれば、録音した音声ファイルをPCに取り込み、OneNoteに貼り付けることによって、すばらしい語学教材を自作することができるでしょう。

実は、それが可能なのです。私が探した限り、SONYラジオレコーダーの、次の機種だけが、それを可能にしてくれます。

ソニー ポータブルラジオレコーダー 16GB FM/AM/ワイドFM対応 予約録音対応 語学学習機能搭載 2018年モデル ICZ-R260TV

 

2018年モデルですが、語学学習には最適のモデルです。これよりも新しいモデルも発売されていますが、実際には、アンテナの感度が弱くて雑音を多く拾ってしまい、第2放送の録音には適していません。私はこの新しいモデルを最初に買ってしまい、失敗しました。くれぐれもご注意ください。スピーカーの音質も、この旧モデルの方がよいようです。デザインがまた、ラジオというオールドメディアにふさわしいクラシックでモノトーンな魅力的なもので、所有欲をかき立ててくれます。

ラジオレコーダーによる予約方法

ラジオレコーダーによる番組録音の手順は、それほど難しくはありません。説明書によると、次のような手順になっています。

要するに、録音日時を設定し、曜日、日時、局名、保存先を細かく指定すればいいのです。これで予約を設定しておけば、1秒の狂いもなく目的の番組を録音することができます。これは実に便利な機能です。

保存先は、本体内蔵のメモリーとSDカードを選ぶことが出来ます。本体メモリーは16GB、外付けのSDカードは32GBまで使えます。32GBというのはちょっとさびしいですが、本体と合わせて48GBあれば、音声だけなので、かなりの量の録音が可能です。おそらく、500番組以上の録音が可能ではないでしょうか?それに、必要なくなったら、音声を消去してしまえばいいのです。

肝心の音質については、FM番組であれば、きわめてクオリティの高い音質で録音することができます。デジタルステレオのクリアな音楽を録音できるので、かつての「エアチェック」時代とは比べものがないほどです。ただ、語学番組はFMではなく、AMの第2放送です。これについては注意が必要です。

AMのうち、NHK第1放送は、FMに比べて音質はやや劣りますが、雑音のないクリアな録音が簡単にできます。しかし、第2放送をクリアに録音するには、付属のアンテナの設置位置をきめ細かく調整する必要があります。私が試したところ、ラジオをやや高めに設置し、アンテナをまっすぐ下に下ろして、壁に接するように設置すると、クリアで雑音の少ないサウンドが得られました。再生による語学学習に十分に耐える音質です。

わざわざ録音しなくても、NHKの語学テキストには、録音したMP3が売っているではないか、と思われるか方もいるかもしれません。たしかにそうですが、価格が高すぎます。1ヶ月分1冊あたり、なんと900円もするのです。音質はいいのですが、高すぎる。これを20冊買ったら、さきほどのレコーダーが1台買えてしまいます。どちらが得かは明らかでしょう。しかも、ラジオなら、録音できる番組数に限りはないのです。エアチェック自体の楽しみも捨てがたいものがあります。

Sound OrganizerでPCに番組を転送

ラジオレコーダーに録音した語学番組をPCに転送するには、SONY Sound Organizerという、専用のアプリを使います。残念なことに、このアプリはWindows 10専用です。Macでは使えないのです。私の場合は、ふだんMacを常用しているので困りましたが、幸い、Surface Pro 6というWindows 10 PCがあったので、このPCにアプリを入れて使うことにしました。最初、入れたアプリの表示フォントが小さすぎて駄目かと思いましたが、フォントを大きく表示するオプションがあったので助かりました。

下の画像は、Sound Organizerを立ち上げ、USBケーブルでPCとレコーダーをつなぎ、録音した番組をPCに取り込んだところです。

録音日時、時刻、局名が自動的についてくれるので、どんな番組が録音されているか分かりやすく、便利です。フォーマットはMP3ですから、これも便利です。取り込んだ番組はドラッグ操作で簡単に好きな場所にコピーできます。また、設定オプションで事前に保存先をクラウドに設定しておくこともできます。こうすれば、取り込んだMP3にMacを含んで複数のPCからアクセスできるので便利です。

Kindle電子書籍とMP3ファイルをOneNoteで編集する

Sound Organizerに取り込んだ語学番組を使って、デジタル学習を展開するには、Kindleの電子書籍を活用するのが最適です。NHKでは、ラジオの語学講座のすべてについて、毎月1冊ずつテキストを紙の書籍とKindleの電子書籍で発行しています。とくに、Kindle版は1冊が410円なのでお得です。せっかくMP3の電子ファイルを入手したので、これと電子書籍をOneNote上で編集して、自分だけの語学教材として活用したいと思います。OneNote上のデジタル教材の編集の仕方については、他の関連記事をごらんください。

上の画像は、Kindle『遠山顕の英会話楽習』の電子テキストと、ラジオレコーダ−で録音した番組音声をOneNoteに貼り付けたところです。このようにすると、OneNoteをマルチメディアの語学教材として「編集」することができます。テキストに自分だけのコンテンツを加えれば、語学学習はより充実したものになるでしょう。

長期連載:デジタル・ツールで海外旅行をフルに楽しむ法(旅行前篇)

1

最近ではネットのおかげで、自分で企画を立て、航空券やホテルの予約もオンラインのサイトで行い、お安く海外旅行を楽しむことができるようになりました。現地での小旅行やイベント参加も、かつてはパック旅行のオプションを選択するしかなかったのですが、今ではやはりネットで提供されている現地の添乗員同行ツアーを自分で申し込むことができますし、劇場のチケットなども、座席指定でオンライン予約することができます。ただ、こうした一連の準備作業は必ずしも簡単ではありませんし、きちんとしたドキュメントで整理、保存するのは容易ではありません。このブログでは、この「海外旅行プランをしっかりと管理するための情報収集、整理法」を、できるだけ詳しく、かつ分かりやすく紹介したいと思います。

2

OneNoteのいいところは、さまざまなテーマでノートブックをつくり、「セクション」「ページ」「サブページ」という階層構造で情報を収集、整理、保存できることにあります。実際に「2020年パリ旅行」のOneNoteノートブックを作成していきましょう。最初に、このノートブックで収録すべき大項目を「セクションの追加」で作成しておきます。

3

Evernoteの魅力は、Webページの内容を、もとのサイトそのままにコピーできることにあります。OneNoteのように、ページ全体をクリップすると画像ファイルに変換してしまうという問題もありません。「パリ観光」という大きなタグの下に観光に関連したタグを並べ、それぞれと関連の深い、参考になるWebページを精選して取り込めば、書籍よりも新鮮で実用性の高い「Evernote版パリ観光ガイドブック」が出来上がるでしょう。

4

WebページをEvernoteに取り込んで、自分だけの海外旅行ガイドブックを作るのは楽しいですが、クリッピングの作業が面倒な上、もとのWebページが更新されても、それを反映させることができません。そこでWebページを効率的にに収集し、容易にアクセスするためのツールとして、ブラウザのブックマークを編集して使う方法がおすすめです。

5

Googleマップは、海外旅行をする人がいちばんお世話になるスマホアプリの一つですから、その使い方を知らない人はあまりいないと思います。けれども、Googleマップの重要な機能の一つである「マイマップ」を海外旅行のツールとしてフルに使いこなしている人は少ないのではないでしょうか?ここでは、「マイマップ」が海外旅行プランの作成においていかに役立つツールかを、わかりやすく、かつ詳しくご紹介したいと思います。実際にパリを事例として作成した旅行用マイマップもお見せします。

6

ノートブックアプリOneNoteに、自分にとって必要なパリの情報だけを編集して「パリ・ガイドブック」というノートブックあるいはセクションを作って持っていけば、旅行中に大いに役立つのではないでしょうか。Kindle、honto、Koboなどの電子書籍は、好きな箇所だけをコピーして、OneNoteの好きな部分に「貼り付ける」ことが簡単にできますから、自分流「パリ観光ガイドブック」をOneNote上に簡単に作ることができます。

7

本記事では、YouTubeの「再生リスト」機能を最大限に活用して、海外旅行の観光に関する好きな動画を、テーマ別に「再生リスト」として登録し、これをオフラインのOneNote、マイマップ、ブラウザのブックマークに階層メニュー方式で取り込む方法を、YouTube登録の段階から順を追って、わかりやすく紹介したいと思います。完成までしばらくお待ち下さい。

8

海外旅行に役立つ最新ニュースや最新の現地情報は、登録したTwitterのタイムライン上に流れていますが、IFTTTというアプリを使えば、「お気に入り」(いいね!)に登録したTweetだけを、OneNoteのページに自動的に保存することができます。

9

かつては、海外旅行のガイドというと、紙のガイドブックと地図を片手に歩きまわったものですが、今や多くの観光客はスマホやタブレットを片手に、アプリに入れた地図や路線図やグルメ・アプリ、美術館ガイドのアプリなどを見ながら、自由自在に観光を楽しむことができるようになっています。この記事では、「パリ観光」を例として、観光旅行を目一杯楽しむために役立つiPhoneやAndroidのスマホ・アプリと、その使い方を紹介したいと思います。

-OneNote活用術

Copyright© dシニアライフ / Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.