Apple アプリ

TotalFinderでMacをWindows並みに

Mac のFinderの使いにくさ

私は長らくWindows PCを使っていて、3年前にようやく Macbookを使い始めました。そのとき一番とまどったのは、Finderの使いにくさでした。Windowsなら、Explorerというファイル管理ツールがあって、ファイルのコピー、複数のExplorerの立ち上げなど簡単にできていたのが、Macbookになると、いちいち「新規Finderウィンドウ」を立ち上げないと、複数のFinderを並べることができず、面倒な操作を強いられてきました。

TotalFinderのインストール

このたび、TotalFinderという有料アプリを入れることで、この問題を一気に解決することができそうです。12ドルと有料ですが、私は現在3台のMacを持っているので、1台あたりにすると4ドルの負担で済むのでなんとかペイしそうです。

ただし、Total Finderのインストールは、けっこう大変です。ふつうのアプリのように、クリックするだけではインストールしてくれません。インストールの途中で、いったんシステムを再起動(reboot)して、Mac Utilityのターミナルで、System Integrity Protection(SIP)を無効(disable)にする必要があります。そして、インストールを終えてから、再び再起動し、SIPを有効(eneble)にすることが必要です。これを3台のMacについて行ったので、けっこうな時間がかかりました。

TotalFinderのメリット

TotalFinderのページを見ると、このソフトのメリットが5つあげられています。

  1. カラーラベル
  2. chrome tab
  3. デュアル・モード
  4. バイザー・ウィンドウ
  5. カット&ペースト

それぞれについて、使い勝手を見ていきましょう。

カラーラベル

サイドバーのラベルに色をつけることができるようになりました。これは感動ものです。Finderを使うのが楽しくなりました。
また、項目名の背景にタグと同じ色がつけられるようになりました。これは、メリットがいま一つピンときませんが、そのうちにわかるかもしれません。

Chrome風のTab

FinderのウィンドウにChromeブラウザ風のタブがつき、一つのFinderウィンドウで複数のタスクをこなすことができるようになりました。これは便利ですね。タブをドラッグで引き離すことも簡単にできます。

デュアルモード

command+Uを押すと、従来のFinderウインドウが左右2つに分かれて表示され、フォルダの比較やファイルの移動やコピーなどが簡単になります。これは大いに活躍してくれそうです。

バイザー・ウィンドウ

これは、ショートキー一発でFinderウィンドウ画面を表示させたり、消したりできるという機能です。なれれば、操作が速くなるので便利かもしれません。

ショートカット

Finderウィンドウを操作するのに、簡単なショートカットが利用できます。

これは、覚えてしまえばとても便利です。

カット&ペースト

ファイルのカット&ペーストが従来よりも迅速にできるようになりました。

このように、TotalFinderは、スピーディにファイル操作を行うことができるような新しい機能が満載されています。このアプリで、新しいFinderを使いこなしたいと思います。

長期連載:デジタル・ツールで海外旅行をフルに楽しむ法(旅行前篇)

1

最近ではネットのおかげで、自分で企画を立て、航空券やホテルの予約もオンラインのサイトで行い、お安く海外旅行を楽しむことができるようになりました。現地での小旅行やイベント参加も、かつてはパック旅行のオプションを選択するしかなかったのですが、今ではやはりネットで提供されている現地の添乗員同行ツアーを自分で申し込むことができますし、劇場のチケットなども、座席指定でオンライン予約することができます。ただ、こうした一連の準備作業は必ずしも簡単ではありませんし、きちんとしたドキュメントで整理、保存するのは容易ではありません。このブログでは、この「海外旅行プランをしっかりと管理するための情報収集、整理法」を、できるだけ詳しく、かつ分かりやすく紹介したいと思います。

2

OneNoteのいいところは、さまざまなテーマでノートブックをつくり、「セクション」「ページ」「サブページ」という階層構造で情報を収集、整理、保存できることにあります。実際に「2020年パリ旅行」のOneNoteノートブックを作成していきましょう。最初に、このノートブックで収録すべき大項目を「セクションの追加」で作成しておきます。

3

Evernoteの魅力は、Webページの内容を、もとのサイトそのままにコピーできることにあります。OneNoteのように、ページ全体をクリップすると画像ファイルに変換してしまうという問題もありません。「パリ観光」という大きなタグの下に観光に関連したタグを並べ、それぞれと関連の深い、参考になるWebページを精選して取り込めば、書籍よりも新鮮で実用性の高い「Evernote版パリ観光ガイドブック」が出来上がるでしょう。

4

WebページをEvernoteに取り込んで、自分だけの海外旅行ガイドブックを作るのは楽しいですが、クリッピングの作業が面倒な上、もとのWebページが更新されても、それを反映させることができません。そこでWebページを効率的にに収集し、容易にアクセスするためのツールとして、ブラウザのブックマークを編集して使う方法がおすすめです。

5

Googleマップは、海外旅行をする人がいちばんお世話になるスマホアプリの一つですから、その使い方を知らない人はあまりいないと思います。けれども、Googleマップの重要な機能の一つである「マイマップ」を海外旅行のツールとしてフルに使いこなしている人は少ないのではないでしょうか?ここでは、「マイマップ」が海外旅行プランの作成においていかに役立つツールかを、わかりやすく、かつ詳しくご紹介したいと思います。実際にパリを事例として作成した旅行用マイマップもお見せします。

6

ノートブックアプリOneNoteに、自分にとって必要なパリの情報だけを編集して「パリ・ガイドブック」というノートブックあるいはセクションを作って持っていけば、旅行中に大いに役立つのではないでしょうか。Kindle、honto、Koboなどの電子書籍は、好きな箇所だけをコピーして、OneNoteの好きな部分に「貼り付ける」ことが簡単にできますから、自分流「パリ観光ガイドブック」をOneNote上に簡単に作ることができます。

7

本記事では、YouTubeの「再生リスト」機能を最大限に活用して、海外旅行の観光に関する好きな動画を、テーマ別に「再生リスト」として登録し、これをオフラインのOneNote、マイマップ、ブラウザのブックマークに階層メニュー方式で取り込む方法を、YouTube登録の段階から順を追って、わかりやすく紹介したいと思います。完成までしばらくお待ち下さい。

8

海外旅行に役立つ最新ニュースや最新の現地情報は、登録したTwitterのタイムライン上に流れていますが、IFTTTというアプリを使えば、「お気に入り」(いいね!)に登録したTweetだけを、OneNoteのページに自動的に保存することができます。

9

かつては、海外旅行のガイドというと、紙のガイドブックと地図を片手に歩きまわったものですが、今や多くの観光客はスマホやタブレットを片手に、アプリに入れた地図や路線図やグルメ・アプリ、美術館ガイドのアプリなどを見ながら、自由自在に観光を楽しむことができるようになっています。この記事では、「パリ観光」を例として、観光旅行を目一杯楽しむために役立つiPhoneやAndroidのスマホ・アプリと、その使い方を紹介したいと思います。

-Apple, アプリ

© 2021 dシニアライフ / Blog Powered by AFFINGER5