ガジェット

iPhone / iPad用のUSBメモリは超便利!

Apple純正にはない直付けUSBメモリ

これまで、iPhoneやiPadから写真や動画をPCに転送するには、クラウドを使うか、AirDropを使うかしなければならず、PCにくらべると不便を感じてきました。それが、iPhoneにもiPhoneのlightening端子に直接挿してデータの転送ができるUSBメモリドライブがあることを知り、さっそく購入してみました。Apple純正にはこうしたメモリはないようなので、サードパーティ製をいろいろと当たってみた結果、QARFEEというメーカーのものがよさそうだという結論に達し、購入してみました。Amazonのレビューで類似品を比較してみたところ、なかにはUSBに転送すると画質が著しく劣化してしまうものもあることを知りました。そこで、こうしたマイナス評価のない製品として、QARFEEのUSB(32GB)を選んだというわけです。

[amazonjs asin="B07JN2HXNR" locale="JP" title="iPhone USBメモリー 32GB 最新版 フラッシュドライブ 3in1 iPhone/PC/Android/iPad IOS12対応 OTG Type- Cアダプタ付き(ピンク)"]

上の製品リンクでは、ピンクになっていますが、私が選んだのは、ゴールドモデルです。Amazonのポイントがあったので、実質無料で購入することができました。

転送による画質の劣化もなし

さきほど製品が届いたので、さっそくiPadとiPhoneに専用アプリを入れて、データの転送を試してみました。転送によって画質が劣化するかどうかが心配だったので、高画質の写真をiPadからUSBメモリに転送し、これをPCに挿してPCに写真を転送してみました。すでにPCに保存されていた同じ写真とファイルの大きさを比較してめいたところ、まったく同じで画質の劣化もまったく見られなかったので、よい製品を買えたと思っています。付属品として、おしゃれな金属製のケースと、Androidスマホ用のアダプタがついています。

専用のアプリのおかげで、データの転送、保存、編集も快適に行うことができます。これからは、iPhoneやiPadで撮った写真も、クラウドを介することなく、迅速にPCに転送することができるでしょう。iPadとiPhoneにPC並のストレージ環境ができたわけで、まさにUSB革命といえるかもしれません。

iPhoneアルバムから写真を選んでUSBに転送していて気づいたのですが、これまではGoogle PhotoやiPhoneアルバムなどの膨大な写真に埋もれて迷子になっていた写真も、USBメモリに直接転送することによって、大事な写真だけをUSBメモリ媒介でPCに転送できるようになりました。これで、写真の死蔵、迷子問題も解決できそうです。

いくつかの補足

ただ、この超便利なUSBメモリーにもいくつかの注意点があります。1つ目は、iPhoneやiPadから転送できるファイルは、写真と動画といくつかの文書ファイルに限られるということです。iPhoneに入っている音楽ファイルをこのUSBに直接転送することはできません。これらは、クラウドに保存するかメールに添付することでPCに転送することになります。ただ、iphoneの写真アルバムに入れた動画ファイルは写真と同様に転送できるので、iPhoneで撮影した大容量の動画をこのUSBに転送し、PCに送ることができます。また、USBを挿したままiPhoneで動画を撮影し、それを直接USBに保存するといった利用もできます。とくに、メモリを食う動画撮影でのストレージ問題も、これで緩和されそうです。

ただし、当然のことながら、このUSBメモリはPCに対しては普通のUSBメモリとして使うことができます。つまり、PCに入っているWordなどの 文書をこのUSBに転送することは可能です。その点からいえば、通常の32GBのUSBメモリと比較しても、価格的には標準的なので、これがiPhoneやiPadでも使える分、非常にお得だといえます。

専用アプリ(LUV-Share)を通して共有できるファイル

もうひとつ、重要な補足です。iPhoneとiPadに専用アプリ「LUV-Share」をインストールしておくと、このアプリを通して、次のアプリのファイルをUSBストレージとiPhoneの間で共有することができます。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • OneNote
  • Pages
  • Numbers
  • Keynote
  • メモ
  • Movie
  • GarageBand
  • ボイスメモ

このうち、私のiPHoneに入っているPagesで試しに転送してみました。iPhoneのPagesで「映画データベース」というタイトルの文書を作成し、「共有」を選択すると、共有先を聞いてくるので、「LUV-Share」アプリを選択します。

すると、USBメモリの保存先画面が表示されますから、USB(俺のドライブ)を選び、「セーブ」ボタンをタップすれば、USBの希望するフォルダ内にPagesの文書が保存されます。

ただし、USBに保存したファイルをPCに読み込ませようとしたところ、Pagesの文書を認識することができませんでした。原因がどこにあるか、現在調査中です?とりあえず、PC内のWordファイルやExcelファイルをUSBメモリに保存し、iPhoneにコピー、保存することはできます。逆については、できるかどうかはわかりませんが、DropBoxなどのクラウドを用いたほうが速いような気がします。

USB-C端子をはめると、MacbookPro用USBメモリになる

さらに驚くべきは、付属のUSB/USB-C端子をメモリに装着すると、MacbookProなどUSB-Cインターフェイスを備えたモバイルPCのUSBメモリとしも使えるということです。iPhoneで撮りためた写真をUSBメモリに入れ、USB-C端子を装着してMacbookProに挿入すれば、iPhoneの写真をあっという間に、MacbookProに取り込むことができるのです。これは、MacbookProを持って外に出かけたときには、たいへん便利な方法だと思います。戸外でWiFiがない環境でも、iPhone内の写真をすばやくMacbookProに入れて、Photoshopで編集するといったことも簡単にできます。

もちろん、この状態のUSBメモリを、USB端子のないMacbookProの常用のUSBメモリとして使うこともできます。まさに、iOS、Macの愛用者にとっては一石三鳥の超便利ガジェットといえるでしょう。


(USB-C端子をUSBメモリに装着したところ)

長期連載:デジタル・ツールで海外旅行をフルに楽しむ法(旅行前篇)

1

最近ではネットのおかげで、自分で企画を立て、航空券やホテルの予約もオンラインのサイトで行い、お安く海外旅行を楽しむことができるようになりました。現地での小旅行やイベント参加も、かつてはパック旅行のオプションを選択するしかなかったのですが、今ではやはりネットで提供されている現地の添乗員同行ツアーを自分で申し込むことができますし、劇場のチケットなども、座席指定でオンライン予約することができます。ただ、こうした一連の準備作業は必ずしも簡単ではありませんし、きちんとしたドキュメントで整理、保存するのは容易ではありません。このブログでは、この「海外旅行プランをしっかりと管理するための情報収集、整理法」を、できるだけ詳しく、かつ分かりやすく紹介したいと思います。

2

OneNoteのいいところは、さまざまなテーマでノートブックをつくり、「セクション」「ページ」「サブページ」という階層構造で情報を収集、整理、保存できることにあります。実際に「2020年パリ旅行」のOneNoteノートブックを作成していきましょう。最初に、このノートブックで収録すべき大項目を「セクションの追加」で作成しておきます。

3

Evernoteの魅力は、Webページの内容を、もとのサイトそのままにコピーできることにあります。OneNoteのように、ページ全体をクリップすると画像ファイルに変換してしまうという問題もありません。「パリ観光」という大きなタグの下に観光に関連したタグを並べ、それぞれと関連の深い、参考になるWebページを精選して取り込めば、書籍よりも新鮮で実用性の高い「Evernote版パリ観光ガイドブック」が出来上がるでしょう。

4

WebページをEvernoteに取り込んで、自分だけの海外旅行ガイドブックを作るのは楽しいですが、クリッピングの作業が面倒な上、もとのWebページが更新されても、それを反映させることができません。そこでWebページを効率的にに収集し、容易にアクセスするためのツールとして、ブラウザのブックマークを編集して使う方法がおすすめです。

5

Googleマップは、海外旅行をする人がいちばんお世話になるスマホアプリの一つですから、その使い方を知らない人はあまりいないと思います。けれども、Googleマップの重要な機能の一つである「マイマップ」を海外旅行のツールとしてフルに使いこなしている人は少ないのではないでしょうか?ここでは、「マイマップ」が海外旅行プランの作成においていかに役立つツールかを、わかりやすく、かつ詳しくご紹介したいと思います。実際にパリを事例として作成した旅行用マイマップもお見せします。

6

ノートブックアプリOneNoteに、自分にとって必要なパリの情報だけを編集して「パリ・ガイドブック」というノートブックあるいはセクションを作って持っていけば、旅行中に大いに役立つのではないでしょうか。Kindle、honto、Koboなどの電子書籍は、好きな箇所だけをコピーして、OneNoteの好きな部分に「貼り付ける」ことが簡単にできますから、自分流「パリ観光ガイドブック」をOneNote上に簡単に作ることができます。

7

本記事では、YouTubeの「再生リスト」機能を最大限に活用して、海外旅行の観光に関する好きな動画を、テーマ別に「再生リスト」として登録し、これをオフラインのOneNote、マイマップ、ブラウザのブックマークに階層メニュー方式で取り込む方法を、YouTube登録の段階から順を追って、わかりやすく紹介したいと思います。完成までしばらくお待ち下さい。

8

海外旅行に役立つ最新ニュースや最新の現地情報は、登録したTwitterのタイムライン上に流れていますが、IFTTTというアプリを使えば、「お気に入り」(いいね!)に登録したTweetだけを、OneNoteのページに自動的に保存することができます。

9

かつては、海外旅行のガイドというと、紙のガイドブックと地図を片手に歩きまわったものですが、今や多くの観光客はスマホやタブレットを片手に、アプリに入れた地図や路線図やグルメ・アプリ、美術館ガイドのアプリなどを見ながら、自由自在に観光を楽しむことができるようになっています。この記事では、「パリ観光」を例として、観光旅行を目一杯楽しむために役立つiPhoneやAndroidのスマホ・アプリと、その使い方を紹介したいと思います。

-ガジェット

Copyright© dシニアライフ / Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.