IT製品情報 音楽

10万円以内で最高のモバイル用ハイレゾ・オーディオ環境を構築する方法【2019年3月改訂版】

2019年3月8日

1970年代のオーディオ・ブームを振り返る

私がまだ若かった1970年代は、オーディオ・ブームに沸いていた時代でもありました。私も音楽、とくにBeethoven、Chopinなどを中心とするクラシック音楽のファンで、所得が低かったにもかかわらず、数十万円もかけて、高級オーディオ製品を揃えて、LPレコードから流れる美しい音楽に浸っていたものです。当時人気のあったTechnicsやDenonのプレイヤー、レコード針はShure、メインアンプ、プリメインアンプはパイオニア、スピーカーはダイヤトーンとビクター、チューナーは忘れましたが、いずれも人気のオーディオメーカーの製品を選んで、気に入らなかったら、2回、3回と買い替えたりもしていました。当時はオーディオ機器にお金をかけることなどなんとも思っていませんでした。数多くのオーディオ雑誌は、さらに物欲を刺激したものです。

そんな状況が大きく変わったのは、CDの登場でした。それまでのLPレコードでは、オーディオ装置をグレードアップするだけで、レコードの音質が劇的に向上し、また自分好みの音にカスタマイズすることが可能でした。

ところが、CDの場合には、少なくとも普及の初期段階では、オーディオ装置にお金をかけなくても、ある程度の高品質の音楽を楽しむことができるようになりました。自分好みの音質にカスタマイズすることは難しくなりました。その結果、私自身のオーディオ装置への関心も薄くなり、図体のでかいアナログ用のステレオ装置は、高価な値段で購入したことも忘れて、次々と処分してしまいました。

ハイレゾ音楽への関心の高まり

つい最近までは、iMacのPCにBOSEのPV用スピーカーをつけて流すか、BOSEのQCヘッドホンで聴くことで満足していました。音源は、レンタルCDかApple MusicやSpotify、Amazon Musicなどのストリーミング配信音楽でした。

それが、最近になって、にわかに「ハイレゾ音楽」への関心が芽生えてきました。そのきっかけは、CD音源をFLACというハイレゾの音楽ファイルに変換してくれるソフトを手に入れたことにあります。もちろん、音源はCDなので、FLAC形式に変換しても、CD以上の音質になるはずはないのですが、単体のDAC(D/A変換装置)やハイレゾ対応プレイヤー、ハイレゾ対応イヤホンを使って再生すると、不思議なことにCDをiTunesで聴いていた頃に比べて、音質が劇的に向上することが分かりました。

こうして、若き頃の飽くなき音質向上への欲求が、何十年かぶりに蘇り、ハイレゾ音楽探求の道にはまり込むようになった、今日このごろです。とはいっても、年金生活者の身ゆえ、ハイレゾ音楽装置に数十万円もつぎ込むわけにもいかず、とりあえずは10万円以内の予算で、満足のいく最上質のハイレゾ音楽環境を構築することにしました。以下では、私がどのようなデバイス(DACおよびプレイヤー)、ソフト(アプリ)、イヤホン、音源でハイレゾを楽しんでいるかを紹介したいと思います。1台数十万円のDACが当たり前になっている現状で、予算総額で10万円以内で抑える方法を検討されている方のご参考にしていただければ幸いです。

ハイレゾ音源の作成

「ハイレゾ」とは、CDでは表現できなかった膨大な情報を含んだ音源のことをいいます。これによって、音の力強さ・繊細さ・奥行きと広がり・艶やかさや暖かさ、臨場感」などリッチな情報を得ることができます。ひとことでいえば、CDに比べて、よりライブ演奏に近いすばらしい音楽体験を得ることができるのです。

音源ファイルの持つ情報量は、kHz(サンプリング周波数)とbit(量子化ビット数)で表します。kHzが大きいほど、より高い音域まで表現することができます。また、bitが大きいほど、より細かいニュアンスまで表現することができます。つまり、この2つの数値が大きいほど、よりリアルで繊細な音楽を再現することが可能になるのです。

CDの情報量は「44.1 kHz/16bit」です。これに対し、ハイレゾ音源は「96kHz/24bit」や「192kHz/24bit」が主流です。「192kHz/24bit」の場合でいうと、CDの約6.5倍の情報量をもっていることになります。それだけ、音楽の密度が高いということになりますね。

音楽ファイルの形式

音楽ファイルには、次のような形式があります。

ファイル
形式名
拡張子 特長
WAVE .wave
  • ウェーブやワブなどと呼ばれている
  • Microsoftが開発したWiindows用の音声ファイル形式
  • 非圧縮ファイルのため、データサイズは重い大きい
  • CDとほぼ同じ音質
  • ジャケット写真や歌詞などは付けられない
AIFF .aif
  • エーアイエフエフ、アイフなどと呼ばれている
  • Appleが開発したMac用の音声ファイル形式
  • 一度圧縮(変換)すると、元に戻せない非可逆圧縮のファイル形式
MP3 .mp3
  • データサイズは、原音の約10分の1
  • 曲数を多く入れたい方におすすめ
  • CDとほぼ同じ音質
  • ジャケット写真や歌詞は付けられる
AAC .aac
.mp4
など
  • データサイズは、原音の約10分の1
  • MP3の後継にあたるファイル形式
  • MP3より若干データサイズが大きいが、音質は良い。
    曲数を多く入れたい方におすすめ
  • 一度圧縮(変換)すると、元に戻せない非可逆圧縮のファイル形式
FLAC .flac
  • フラックと呼ばれている
  • データサイズは原音の約半分
  • ハイレゾ(高解像度)音源の1つで高音質
  • 音質重視の方におすすめ
  • ジャケット写真や歌詞も付けられる
  • 変換後も元に戻せる可逆圧縮のファイル形式

(SONYの公式サイトより)

ふつう、CDをPCにインポートして音楽を聴く場合には、いくつかの形式から選択することができます。

  • AAC(m4a)→ Apple標準の圧縮方式。MP3よりも音がいい。
  • AIFF(aiff、aif)→ Appleの無圧縮ファイル。
  • ALAC(m4a)→Appleロスレス。音質劣化なく圧縮できる(可逆圧縮)。
  • MP3→ 他のプレイヤーでも再生できる形式。
  • WAV→ Windows標準の無圧縮方式ファイル。

いずれも、FLACやDSDなどのハイレゾ音源に比べると、情報量は少なくなります。

次のページへ >

長期連載:デジタル・ツールで海外旅行をフルに楽しむ法(旅行前篇)

1

最近ではネットのおかげで、自分で企画を立て、航空券やホテルの予約もオンラインのサイトで行い、お安く海外旅行を楽しむことができるようになりました。現地での小旅行やイベント参加も、かつてはパック旅行のオプションを選択するしかなかったのですが、今ではやはりネットで提供されている現地の添乗員同行ツアーを自分で申し込むことができますし、劇場のチケットなども、座席指定でオンライン予約することができます。ただ、こうした一連の準備作業は必ずしも簡単ではありませんし、きちんとしたドキュメントで整理、保存するのは容易ではありません。このブログでは、この「海外旅行プランをしっかりと管理するための情報収集、整理法」を、できるだけ詳しく、かつ分かりやすく紹介したいと思います。

2

OneNoteのいいところは、さまざまなテーマでノートブックをつくり、「セクション」「ページ」「サブページ」という階層構造で情報を収集、整理、保存できることにあります。実際に「2020年パリ旅行」のOneNoteノートブックを作成していきましょう。最初に、このノートブックで収録すべき大項目を「セクションの追加」で作成しておきます。

3

Evernoteの魅力は、Webページの内容を、もとのサイトそのままにコピーできることにあります。OneNoteのように、ページ全体をクリップすると画像ファイルに変換してしまうという問題もありません。「パリ観光」という大きなタグの下に観光に関連したタグを並べ、それぞれと関連の深い、参考になるWebページを精選して取り込めば、書籍よりも新鮮で実用性の高い「Evernote版パリ観光ガイドブック」が出来上がるでしょう。

4

WebページをEvernoteに取り込んで、自分だけの海外旅行ガイドブックを作るのは楽しいですが、クリッピングの作業が面倒な上、もとのWebページが更新されても、それを反映させることができません。そこでWebページを効率的にに収集し、容易にアクセスするためのツールとして、ブラウザのブックマークを編集して使う方法がおすすめです。

5

Googleマップは、海外旅行をする人がいちばんお世話になるスマホアプリの一つですから、その使い方を知らない人はあまりいないと思います。けれども、Googleマップの重要な機能の一つである「マイマップ」を海外旅行のツールとしてフルに使いこなしている人は少ないのではないでしょうか?ここでは、「マイマップ」が海外旅行プランの作成においていかに役立つツールかを、わかりやすく、かつ詳しくご紹介したいと思います。実際にパリを事例として作成した旅行用マイマップもお見せします。

6

ノートブックアプリOneNoteに、自分にとって必要なパリの情報だけを編集して「パリ・ガイドブック」というノートブックあるいはセクションを作って持っていけば、旅行中に大いに役立つのではないでしょうか。Kindle、honto、Koboなどの電子書籍は、好きな箇所だけをコピーして、OneNoteの好きな部分に「貼り付ける」ことが簡単にできますから、自分流「パリ観光ガイドブック」をOneNote上に簡単に作ることができます。

7

本記事では、YouTubeの「再生リスト」機能を最大限に活用して、海外旅行の観光に関する好きな動画を、テーマ別に「再生リスト」として登録し、これをオフラインのOneNote、マイマップ、ブラウザのブックマークに階層メニュー方式で取り込む方法を、YouTube登録の段階から順を追って、わかりやすく紹介したいと思います。完成までしばらくお待ち下さい。

8

海外旅行に役立つ最新ニュースや最新の現地情報は、登録したTwitterのタイムライン上に流れていますが、IFTTTというアプリを使えば、「お気に入り」(いいね!)に登録したTweetだけを、OneNoteのページに自動的に保存することができます。

9

かつては、海外旅行のガイドというと、紙のガイドブックと地図を片手に歩きまわったものですが、今や多くの観光客はスマホやタブレットを片手に、アプリに入れた地図や路線図やグルメ・アプリ、美術館ガイドのアプリなどを見ながら、自由自在に観光を楽しむことができるようになっています。この記事では、「パリ観光」を例として、観光旅行を目一杯楽しむために役立つiPhoneやAndroidのスマホ・アプリと、その使い方を紹介したいと思います。

-IT製品情報, 音楽

Copyright© dシニアライフ / Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.